2014年5月25日日曜日

バランスボールピーナッツ型(赤)


バランスボールピーナッツ型(黄)

うつ伏せにもってこい。

バランスボールといえば、てかり。

2014年5月20日火曜日

ユニバーサルアームを付けたiPadを子どもの目の前で放置

休憩時間はマットで仰臥位をとっていることが多いお子さんに側臥位をとらせ目の前に写真の状態でpocket pondの状態にしたiPadを置きっぱなしにしておきました。

ユニバーサルアームは車椅子や机に固定するのがメジャーな使い方ですが、このように床に置いておくと、立てていてもかなり安定した状態にしておくことができます。

普段は教員と一緒に触ることが多いのですが、このときは教員が手を出さず、様子を見ていました。

pocket pondは触らなくても鳥のさえずりや虫の声が静かに聞こえてくるので癒し効果もあります。

しばらく画面を見ていましたが、偶然か動かした手が画面に当たって水の音がしました。

その後も何回は偶然で当たっているうちに手が当たると水の音がするということが分かってきたようで、とてもよい笑顔が出ました。

教員が連絡帳を書いていたり、かたずけ等をやったりしていると、子どもの待ち時間になってしまいます。このようなときに子どもがマイペースで教材に触れられる時間を設けてあげるとよいのではないでしょうか。



2014年5月19日月曜日

45分の個別学習でiPadとスイッチ教材を使用

先日、学習支援アドバイザーに入ってもらい、担当児童と個別学習をしました。,

なかなか個別学習を45分間やり続けることな重度重複学級ではなかなか難しい、というか
いままでそんなに長くやったことはありません。

しかもアドバイザーにずっと見られっぱなしというのは、集団授業よりもかなり緊張します。

この個別学習ではiPadを主に使用しました。

自分の受け持っている学級は抱っこで気持ちが安定する子が多いので、最初は抱っこしながら手遊び。

3年、現場を離れていたので、なかなかよい手遊び歌が思いつかず、

わお!てあそび うた プレイヤー28のfreeバージョン

の「このゆびパパ」に合わせて指を伸ばす遊び をしました。

そのあとは抱っこしたままま、「紐スイッチにオーボールをつけたもの」と「ラッチ&タイマー」「スモールワールドの曲が出る教材(教材製作アドバイザーの教材を借用)」を連結したものを使用。

紐スイッチを随意の力では引っ張るのが難しい場合、オーボールを児童の指にひっかけてあげて、スイッチON/OFFは大人が教材の方を引っ張って入れてあげます。(抱っこしているので教員は片手でしか操作できません。)


スモールワールドの曲に合わせて歌いながら抱っこで揺らし遊び。

曲が終わると揺れを止めます。

それを繰り返してラッチ&タイマーで曲の長さを少しずつ長くしたり、時間の変化をつける。

その中でいろいろな表情が出てきます。

表情が出たらたくさんほめます。

自分でスイッチを押すことが難しかったり、スイッチの因果関係が分からなかったりする 場合にはこういった使い方もあるのではないでしょうか?

そのあとは車椅子にすわってもらいiPadに触れてもらいました。

やはり自分では手が届かないし、動かせない場合は大人がiPadを子どもの手に触れさせます。

手が顔の方まで動かせない場合、子どもは画面は見えませんが、音だけでも楽しむことができます。

使ったアプリは

iLoveFireworks Lite/打ち上げ花火


Cause and Effect Sensory Sound Box
を使用しました。

学習アドバイザーからは目で見させるのも大事なので、手元でスイッチ操作してiPadの画面は目で見える位置にもっていた方がよいとのアドバスを受けました。

その場合はiPadタッチャーがよいなと思いました。(できiPadだと感覚あそび系アプリは使えなかったような・・・)

直接触れて音を聞くのも、スイッチを押しながら画面を見るのも、どちらも継続していこうかなと思います。






パワポ DE ドロップスでパワポ事前学習教材作成

パワポ DE ドロップスで「さつまいも さいばい」事前学習用のパワポ作成しました。

シンボルを入れ込むのに今まではファイルから探すのですが、適当なシンボルを探すのが手間取ってました。

パワポ DE ドロップスだとこの写真では「いも」と検索窓に入れて(緑の点線で囲んだ部分)検索ボタンを押すといもに関連するシンボルが4つ、しかも絵入りで出てきます(赤い点線で囲んだ部分)。

これで適当なシンボルを探すのがずいぶん楽になります。

生活単元学習(草ぬき)でシャクライと釈由美子を投入


生活単元でさつまいも栽培をやることに。

最初は畑の草ぬき。

畑まで手が届かない子用のためにシャクライと釈由美子を投入。

釈の声に笑っている子もいました。

当然、草や土に直接触ることも大事なので、バケツに入った土に生えた草も手で抜いてもらいました。

お偉い先生も見に来ていて、「あのデザインは・・・?」といわれていた釈由美子。

ちなみにシャクライは引っ張ることが本来の目的ではないため、なかなか抜けない草を引っ張らせると、空回りして1台壊れてしましました。引っ張る場合は無理のないものにしたほうがよろしいようです。

手で抜ける子はバシバシ抜いてもらいました。

キャリア教育の観点でみると経験不足になりがちな肢体不自由児、特に都会在住の子にとって、自然の土や草、植物等に触れることは大事なことだと思います。

今までおもちゃや教材等にあまり見向きもしなかった子がこの授業で草を抜くという活動に目覚め、頑張って抜き続けている子が何人かいました。


2014年5月12日月曜日

2014年5月11日日曜日

2014年5月10日土曜日

運動会応援団(白組)


運動会応援団(赤組)


音あそびでiPadを使用

授業で音遊びをしました。

自分としては初めて授業でiPadを使用しました。

タブレット端末の可能性は理解してたつもりですが、進路専任として、3年間現場を離れていたので、実際は現場で使ったことはありませんでした。

4月からスイッチ教材はけっこう使っていたのですが、スイッチの弱点は動く対象物とスイッチとの距離があるので、押して動くという因果関係が分からない子どもがけっこういることです。

自分の学級では実際そういう場面が多かったのですが、iPadは触れるもの自体が反応するので、そういう意味ではつながりやすいと思います。

外国のおもちゃで、そのもの自体に触れると動くものがありますが、結構高価です。

iPadだと1台でいろいろなアプリが試せるのでコストパフォーマンスも高いです。
こういったことはもう言い古されていることだとは思いますが、実際自分が使ってみて改めてすごい支援機器だと実感しました。

何より、子どもの驚いた顔、たくさんの笑顔がそれを実証していました。

使ったアプリは以下のものです。




 なんでやねん は教室に保護者の方が何人か来られてましたが大受けでした。

小1の子どもには若干怖いと感じられるところもあったようです。
pocket pond やはり王道ですね。









Awesome Xylophone
音がきれい。

エクセル DE ドロップスで週間スケジュール作り

エクセル DE ドロップスが公開されました。

こんなソフトが無料で配布されるとはすごいです。

毎週セガレ用に週間スケジュールを作っていますが、一番面倒なのが画像をセルの中に収めるのと、時計の画像(以前からぽっしゅん教材のを使用してました)をセルのなかに収めるのと、あと授業名の文字を入力すること。

はっきりいって苦痛でした。

それらの問題が一挙に解決。

さくさく作れるので、スケジュールづくりがとても楽しくなりました。

サイトではmoroシンボルのことも紹介くださっています。

jalpsjp先生、ありがとうございました。

2014年5月9日金曜日

2014年5月5日月曜日

moroシンボルの骨組み

moroシンボルの骨組み。

車椅子と人物は重ね合わせるのが結構大変です。

2014年5月3日土曜日

運動会女子(赤組)


運動会女子(白組)


運動会男子(紅組)

若干マッチョ

運動会男子(白組)

GW開けたらこの季節っすね

ダブルでバブルハリケーンをスイッチ操作

3年前に買っておいてストックしてあったバブルハリケーンを実戦投入することができました。

生活単元の時間で中庭に2台置きスイッチ操作。

教室の授業なんかでやると、やらされ感や緊張感があると思うんですけど、外で放置状態で置いておくと、みんな結構スイッチを押して楽しんでのびのびやってたのがよかったです。

1台は仙台高専のラッチアンドタイマーを使用。

1回のスイッチ操作で作動時間を調節することができる優れものです。
このガジェットでエラーが発生しました