2014年3月25日火曜日

就労支援センター登録

就労が決まった生徒がいたので、居住区にある就労支援センターの登録に同行しました。

基本卒後、3年間はアフターケアといって、就労が定着するよう、また離職した場合のフォローを学校がします。

3年過ぎると、学校の進路担当も異動等でいなくなる場合もあるので、この就労支援センターがフォローしていくことになります。

区によってフォローの仕方等も多少違いがあります。

あんまり詳しくは書けませんが、自分が進路担当になって初めてだったので、いろいろ勉強になりました。

都内では各区市町村にこれだけあります。


2014年3月23日日曜日

障害基礎年金



国の制度で障害基礎年金(20歳から支給可能)というものがありますが、これは自分(または家庭)から申請しないともらえません。

行政からは一切連絡はきません。

特別支援学校出身者は概ね、自分の所属する自治体の役所に連絡をすればよいと思います。(年金を担当する部署は福祉課ではありませんが、どこに連絡すればよいかは福祉課でも教えてくれるでしょう。)

20歳が近づいたら、所定の場所に連絡をして書類を提出する必要があります。

1級だと月約8万円

2級だと月約6万円

ただし年金の等級を決める基準はは身障手帳の等級や療育手帳の度数とは関係ありません。

先日、20歳をとっくに超えた卒業生と保護者に会う機会があり、この話をしたら、まだ手続きしてませんでした。

心当たりのある方はすぐ電話をいれませう!


2014年3月22日土曜日

スクールバス通学と自主通学

ここで言いたいのは当然、特別支援学校における通学に関してです。

特別支援学校では中学部まではスクールバスが使用できます。

知的の場合は高等部に上がると自主通学が難しい場合を除いて、スクールバスに乗らないことが基本だったと思います。

肢体不自由校では車椅子の子どもが多いので、高等部でも、希望すれば全員、スクールバスに乗れます。

しかし、これをキャリア的な視点で考えると、バス通学に頼ってしまうと、在学時は便利なのですが、卒業後の自立には大きな壁となります。

卒後は生活介護と重心施設しか基本、バスの送迎はありません。

自立支援法以前に作業所と言われた現在の就労継続支援B型は送迎は出ませんし、送迎車両を出せるほどの補助金は行政からは出ません。

知的の方は大方のひとが就労継続Bや企業を目指すので、そういうご家庭は早いうちからバス降りた方がよいです。

肢体に目を転じると、小さい頃から、周りに守られ過ぎて、一人で通う力があるのに中、高になってもスクールバスを使っていることが見られます。

肢体の場合、バスに乗るときは運転手にスロープを出してもらい、また車椅子用のスペースの席に座ってる方には立ってもらい、イスをしまってもらって、そのスペースに車椅子を固定してもらいます。その分、時間を他の人に待ってもらう必要があります。

また電者では都内ではほとんどの駅でエレベーターがつきましたが、電車に乗り込むときはやはり、駅員さんに来てもらってスロープを出してもらわねばなりません。

朝夕のラッシュ時には駅員さんも忙しく、来るのに何十分も待たされることもあります。

そう考えると、知的よりも肢体の子どもの方が自主通学までにかなりスキルが必要になります。

大変なことではありますが、これを毎日、在学時に経験しておけば、かなりの力が身に付きます。

就労支援施設や企業を目指すご家庭は、早い時期にこういったことも考えていく必要があると思います。

2014年3月20日木曜日

高等部卒業式

昨日、高等部卒業式があり、高3の生徒を送り出しました。

今年度の高3は二十名を超える肢体不自由としてはかなり多い学年でした。
進路先は重心施設、生活介護、継続B型、就労移行、一般就労、在宅就労のための訓練機関など多岐に渡りました。

感慨深い卒業式でした。

今年度は日中は学校にいないことが多く、実習の設定や行政や施設との折衝。また今までになく、企業と接する機会が多かったです。

在宅就労に関しての進路先開拓にもかなり展望が開けました。

法改正に伴う医療的ケアが、重心でない地域施設にどれだけ広がるかも今後重要になることを感じています。

卒後の進路や行政とのか関わりを知る特別支援教育の教員が広がれば学校の教育はかなり進展すると思います。



2014年3月7日金曜日

MOCA シンボル 「どうにょう」

保護者向けの進路説明会のスライドで医療的ケアの説明をするときにMOCA シンボルの 「どうにょう」を使用させてもらいました。 

導尿というのは尿道にカテーテルをさして排尿を促す行為です。

自己導尿ができる子どもはいいのですが、他人(学校では主に看護師が実施)でないとできない場合は医療的ケアになります。 

これをシンボル化する場合、リアルすぎるとちょっと痛々しいんですが、MOCAのシンボルの中に「どうにょう」がありました。 

とても分かりやすい、イラストではなく、まさにシンボルだと思います。 

特総研のiライブラリーでダウンロードすることができます。

2014年3月2日日曜日

全校保護者進路説明会PPT

全校の保護者向けに進路説明会を行いました。

重心施設でない生活介護施設で医療的ケアがどのように進んでいくかが、どの区でも焦点になってきています。

東京の重心施設は定員がどこもいっぱいになっていきていて、週5日利用できなくなってきているところもあります。

そのような現状でも、都は新たに重心施設を作るは作る予定はないといっています。

地域の生活介護で医ケアが進むのはいいことですが、生活介護では無理がある重度の医ケアの方がこれからも増える傾向があるので、重心施設を作らないわけにはいかないと思うのですが。

まあ重心施設を作るには莫大な予算がかかるので簡単にはいかないのはわかるのですが。


このガジェットでエラーが発生しました