2013年7月28日日曜日

「障害者の経済学」をキンドルで読む

この本、なかなか面白いです。


これはKindle版を購入。iPhoneでも読めます。

表紙が”えべっさん”であんまし、いけてないので、だいぶ損してると思いますが、総合支援法の本質が今まで読んだ本の中で一番分かりやすく述べられていると思います。

著者は特別支援教育関係、福祉関係の方でなく経済学者です。

なのでちょとドライな書き方にも思えるんですが、なかなか新鮮です。

戦国時代の障害者福祉の章では

昔のお上から与えられる福祉(措置制度)から 自立支援事業へという流れへ。
       
障害者と施設が契約を結ぶことになり、施設が提供するサービスごとにお金がつく。
       
 障害者のニーズに合ってないサービスには需要が生まれず行政からの報酬も支給されない。
         
今の福祉業界では経営センスが必要。

進路担当としてたくさんの施設を回ってますが、昔の意識のまま、現状を変えようとせず、向上心のない施設もあります。

一方、意欲的な事業所では、ICTの技術をどんどん取り入れ、福祉業界のみならず、企業や学校にも積極的に交流を結ぼうとする事業所。(ここはアクセスさんやマイクロソフト、ソフトバンクともつながりあり。)

マインドマップ、応用行動分析、公文などを就労移行に生かそうとする事業所。等があります。

今では株式会社が福祉産業に参入する時代です。

古い考えの施設はどんどん淘汰されてしまうのでしょうか。
             
障害者ビジネスの経営センスが必要な時代。
 ニーズを掘り起こし制度にうまくのせる。

 障害者のニーズが表に出始めてきた。

福祉ビジネスは経営センスのないものが滅び、センスのあるところが栄える時代へ。

養護学校はどこへ行くの章では
        学校教育費の話が

普通校の児童生徒一人当たり
                年間90万円
         
 特別支援学校の児童生徒一人当たり
                年間930万円
                
ほとんど人件費

養護学校の目的の項では
        肢体不自由養護学校の運動会の話題に
         
 先生たちの生き生きとした姿
          
 運動会は先生の生きがい追及の場
            
当事者の身になれば
       盲学校の視力コンテストのようなもの
                不得意なことで競わせている
            保護者や来賓を感動させるため?。

確かに肢体不自由校の運動会をなくす学校も出てきています。

ハンドサッカーというすばらしいスポーツもあるので、一概に同意はできませんが・・
     
特別支援学校の教員の給料
            調整額という特別手当はなんでつくの?
                ①高度な技術が必要だから?
                ②負担説きついから?
                ③モラル維持説?

確かに支援学校の教員の給料は一般の教員よりも高いです。
ほんとのところの理由ははどうなんでしょうかね?

あいぱっど の つかいかた

あさって、学校で親子タブレット端末講座があり、となりの小岩さんからかなりの知的のお子さんが参加されます。魔法のランプ、コンシェルジェの先生から依頼があり作成しました。

2013年7月27日土曜日

実践障害児教育を電子書籍で読む

だいたい、毎月買っているこの本、最近電子書籍を購入するようになりました。

この雑誌もたまりすぎて、紛失したり、気になっても読み忘れている記事が多数。iPhoneでは小さすぎて読めないのですが、(Kindleなら文字拡大機能で読めるけど)iPadなら読みやすいです。

データもいつでも呼び出せるので、「読まずにつんどく」も防げます。

8月号は学習のつまづきの特集でよみごたえがあります。

カミサンがYajic先生の記事を担任に渡す


セガレと同じ学級に言葉をうまく喋れない子がいるのでどうしたらいいか、カミさんに聞かれたのでVOCAというのがあることを伝え、slide.vol3のyajic先生の記事を見せました。

カミさんは証券業界にいた人なので、特別支援教育には門外漢。VOCAをVOKAと検索して、なかなか見つからないと言っていました。

セガレの障害が分かってからはいろいろ知識をみにつけてきています。

先日、セガレの担任との個人面談がありました。
私も行きたかったのですが、仕事で行けませんでした。
そのの個人面談でカミさんははslide.vol3のyajic先生の記事をコピーして担任にわたしてしまったそうです。

支援級にはなかなか支援機器を置いているところが少ないようです。
この学校にもATやAACのことを啓蒙せなあかんなと思っています。

セガレは支援級に行っていますが、普通級にいてもおかしくはないぐらいのボーダーなので支援級の中ではいろいろでき過ぎて逆に浮いた存在みたいです。

セガレは普通に喋られるのですが、まわりの子とコミュニケーションがとりにくいみたいなので、可能かどうか分かりませんが、セガレに(周りの子とコミュニケーションとるために)視覚支援の仕方を教えようかな。

2013年7月25日木曜日

進路指導と支援機器

進路主任の集まりなどで、ウチの学校の取り組みを話すときに支援機器の話をするのですが、大体そこの部分はスルーされてしまいます。

進路の先生で支援機器に詳しい方はあまりいない感じです。

肢体不自由校ではとくにスイッチやパソコン操作はとても大事なカギを握る場合が多いと思うのですが・・・

準ずる過程の生徒でもちょっとしたスイッチや支援機器を使うだけで劇的に良い方向へ変わる場面をまざまざと見ています。

今まで障害者就労は知的障害中心だったのが、最近は発達障害の方への就労が注目されてるみたいです。

発達障害の方でもタブレットやスマホをうまく使いこなせればとても便利。

キャリア教育と支援機器の関係はもっと学校現場で語られるべきだと思います。

2013年7月24日水曜日

マジカルトイボックス夏のイベントのお手伝い

7月20日のマジカルトイボックス夏のイベントのお手伝いに参加させていただきました。

今回だけは正直、進路の仕事がドツボり状態で、しかもセガレの体調不良なども重なり、とても行けませんと思っていたのですが、2日前にカミさんに頭さげたら、結構スンナリ許してもらえたので、無事お手伝いに行けました。(といっても部分参加でしたが)




ビックリしたのはウチの学校の新採tommy-ga君が来てるではないですか。

同じ進路指導部のメンバーです。

彼は昨年まで大阪の支援学校にいたのですが、そのとき仙台高専の赤外線リモコンを作ったそうなのですが、うまく作動しないので、竹島先生に直してもらおうとやってきたそうです。そしたら、新品の完成品と交換してもらえたみたいです。

午前は前から聞きたかった高松さんの講演。iPadや他のタブレット端末の最新情報をばっちりお聞きできました。

展示もいろいろありました。

個人的には島田療育センターのピコピコルームというのが気になります。





































午後は制作講座のお手伝い。

tommy-ga君にはワリバッシャーを作っておけと指示。

VOCAの配線やスタート装置の基盤はんだづけなどは訳が分からなくなるので、お客さんに部品を用意してあげたり、おにぎりスイッチの穴あけ等、割と簡単な仕事のほうを重点的にやらせてもらいました。



今回のスタッフTしゃつはショッキングピンクに、背中にマジカルのロゴ。
この書体はシカゴフォントという昔のマックのフォントだと「もずらいと」大先生が教えてくださいました。

ショッキングピンクのおっさん(私含めて)のスタッフ達が会場のよいアクセントになっておりました。

やはり早く進路畑の仕事から足を洗ってこっちの世界にどっぷりはまりたいっす。

2013年7月3日水曜日

できiPad到着


2013年7月1日月曜日

できiPad

久しぶりにシンボル作成。

できiPad」を注文してみたので、もうすぐ到着する予定です。

先週カミさんに頼み込んで「iPadmini」も購入しました。

ずっとiPad持ってなかったのでいろいろ試してみようと思ってます。
このガジェットでエラーが発生しました