2010年4月28日水曜日

電動バギーカーで車椅子を引っ張ってみる

電動バギーカーで車椅子を引っ張ってみようと、自分が乗った車椅子を引かせてみました。

ところが電動場バギーカーに相当重いおもりを載せないと空回りして動かない。

即席で電動ろくろ(凄く重い)を載せたらうまく進みました。

ラッチアンドタイマーを接続して一回押すとしばらく進むように設定してみました。

自分で乗っててとても楽しいので、子ども達もきっと喜んでくれるでしょう。

動画



Posted by Picasa

電動バギーカー改造


本日勤務終了後、トイザらスに行き、運動会用の電動バギーカーを運動会予算で購入。

スイッチと連結できるように穴を空けジャックを取り付けました。

当然、マジカルトイボックスの本を参考に。

前任校では当たり前のように運動会で用いられていたこの電動カー。

今の勤務校には全くなく、見たことある教員も同じ学部にはあまりいない。

製作するのは当然、今回が初めて。

本を見るとすごく難しいそうだったのですが、作業やってみると超簡単。

すぐおわってしまいました。












































完成動画


Posted by Picasa

2010年4月27日火曜日

mindmanager8 いつも見ているブログのタイトルを自動的にマインドマップ化する機能(再投稿)

ここをクリックするとmindjetplayerでmapが開きます。

ƒŠƒ“ƒN

先日紹介したブログの画像が抜けていたので、再度、投稿します。

mindmanager8 いつも見ているブログのタイトルを自動的にマインドマップ化する機能

mindmanegerはimindmapよりビジネス機能に特化された機能が強いように思います。

このソフトが開発されて10年以上になるそうです。

したがってまだ隠されたマニアックな機能がいろいろあるようです。

値段もmindmapソフトでは一番高いようです。

mindjet(mindmanagerの会社)のブログを見るとこんな機能があったので使ってみました。

いつも見ているブログのタイトルがずらずらっと自動的にマッピング化されました。


で、どうなのっていう感じもしますが・・・

リンクのボタンをクリックすれば、ブログ本文の文章が開きます。

2010年4月25日日曜日

スイッチ教材、PC教材について 考えをmindmap化

ここをクリックするとmindjetplayerでmap見ることができます。

ƒAƒZƒXƒeƒBƒuƒeƒNƒmƒƒW[‚ɂ‚¢‚Ä





私自身、最近の授業ではスイッチとPC教材を多用するようになってきました。

私は昨年度の1学期までスイッチやPCを授業で用いることなど、全くしたことがなく、知識も技量も持ち合わせてなかったのですが・・・

自分でも驚くぐらい、この8,9ヶ月ぐらいで様々なスイッチ類、PC教材を作り、スキルが身についてしまいました。

4月、5月は事務的な仕事がわんさかあり、教材研究に費やせる時間が少なく、アイディアはあっても、なかなか教材製作準備が進まなかったりします。

その点、スイッチやPC教材は手っ取り早く、効果が高いので、ついそちらに重点がいってしまいます。

でも最近、これでいいのかと自問するようになってっきたので、考えを整理してみることにしました

2010年4月22日木曜日

運動会 学部 種目実施案にDrops挿入

5/15の運動会で急遽、学部種目を変更することになり、その担責に名乗りを上げ、本日のグループ会で打ち合わせてもらうための叩き台となる実施案を作製。

演技図にDrops を使わせていだいた。

シンボルとしてもすぐれていますが、イラストとしても秀逸です。

昨年はボウリングのみでしたが、様々な運動発達段階の生徒がいるなかで、それだけの活動ではそぐわない生徒もたくさん出てくる。

ということで、3コースに分けそれぞれの運動発達段階で生徒の体育的な課題、自発的な行動が導き出せる活動をと考えました。

スイッチが多くなってしまいましたが、準備期間が短く、提出書類が山積みな4月、5月に教員の作業時間を確保することが難しいなかで、最大の効果が期待できるのはこれしかないと思いました。

スイッチが多くなってしまうことに関しては異論も出るかなと思っていました。

本日のグループ会終了後、5グループ中4グループはおおむねこの案でよいということになりました。

しかし、ひとつのグループだけは生徒の車椅子からの乗せおろしは大変なので車椅子に乗ったまま坂道を降り、つるしたリボンをくぐるという案を出してきた。

これって体育的な活動なんでしょうか?

スイッチの類もなくし、シンプルにということなのですが、それで生徒の自発的活動はできるのかと少し怒りがわきました。

建設的な改善案なら歓迎するのですが、安易な後ろ向きな意見は教員としてどうなのか?(これなら昨年のボウリングのほうがまだまし)

このグループとはもう少し話し合わないと・・・
Posted by Picasa

2010年4月21日水曜日

改造ゲームコントローラーとJOY TO KEY


昨年、夏に自作した改造ゲームコントローラーはPCでスイッチ操作を行うのに不可欠な道具となっています。


改造マウスというのもありますが、自分は持っていません。(そのうち作ろうと思っていますが)

改造ゲームコントローラーはJOY TO KEY というソフトを作動させないと使えません。

しかしこのJOY TO KEY を作動させると改造ゲームコントローラーのすべてのボタンスイッチにマウスのクリック機能やキーボード機能の割り当てをすることが出来ます。

工夫すればいろいろな使い方が広がります。

改造ゲームコントローラー今のところ学校に私の分が1個しかありません。

ほかのグループの生徒も授業で使うことが多いので、そのグループの先生に改造コントローラーを作ってもらおうと思い、今度一緒に作業することになりました。

Posted by Picasa

2010年4月20日火曜日

mindmanager8 いつも見ているブログのタイトルを自動的にマインドマップ化する機能

mindmanegerはimindmapよりビジネス機能に特化された機能が強いように思います。

このソフトが開発されて10年以上になるそうです。

したがってまだ隠されたマニアックな機能がいろいろあるようです。

値段もmindmapソフトでは一番高いようです。

mindjet(mindmanagerの会社)のブログを見るとこんな機能があったので使ってみました。

いつも見ているブログのタイトルがずらずらっと自動的にマッピング化されました。


で、どうなのっていう感じもしますが・・・

リンクのボタンをクリックすれば、ブログ本文の文章が開きます。

2010年4月18日日曜日

やけにリアルな「桃太郎」 新・講談社『桃太郎』より


戦前の絵本シリーズ。

これも戦前の日本画家の渾身の作。

我が家のセガレにも大好評。

アニメ調の絵本より迫力があります。

これはすでにPowerpointに取り込み教材化。

マジカル関連で有名なFlash教材の桃太郎おにたいじゲームと組み合わせて 好評でした。

おばあさんのお歯黒は昭和初期まで見られた風習で、この絵本が描かれた当時は普通の描写であったと解説に載ってました。
Posted by Picasa

やけにリアルな「猿蟹合戦」 新・講談社の絵本『猿蟹合戦』より

講談社の戦前に描かれた絵本シリーズより。

戦前の日本画家が本気で描いているので、迫力があります。

しかし、蟹さんと蜂さんの発想力がすごい。

栗さんのお茶めな目もいい。

これ、パワポスライドにしてみたいと考えています。


猿蟹合戦
Posted by Picasa

2010年4月17日土曜日

星のスライドショー PowerPoint 教材 惑星が回転

以前作っていたPowerPoint教材。

動画で紹介します。

BGMはwindows付属のサンプルサウンド「ベートーベンのなんたら・・・」です。
Posted by Picasa

布団の上でボールスライダー

運動の時間で簡易ボールスライダーを実施。

グループ教室には押入れに大量のカラーボールがあります。

しかしそれを活かせる大道具がなく、あまり活用されていませんでした。

まだ年度当初で大掛かりな準備ができておらず、2mと1.5mぐらいの角材を2本ずつガムテープで固定し、カラーボールの上に1cm厚位のベニヤ板の上に布団を敷き ボールスライダーに。

あまり広くはありませんが、身体があまり大きく動かせず、医ケアが必要な生徒が多い我がグループでは調度よい広さかも。

縦に動かしたり、横向きで動かしたり、またゆっくり回転させたりしました。

それぞれ好きな動き、苦手な動きがあったりして、いろいろ発見がありました。
Posted by Picasa

2010年4月16日金曜日

ひさしぶりのパワポ プロジェクター 改造コントローラー JOY TO KEY フロッピーディスクスイッチ 棒スイッチ を使った授業





久しぶりにパソコンの類を使った授業を実施。

昨日のブログで紹介した「パワポ ルパンタイトルコール風メンバー紹介」は重度重複学級の生徒にも大好評。

失敗して肝心の文字の切り替え時のタイプライターのサウンドがすべて抜けていて無音だったにも関わらず、最後の写真で「ちゃらっ ちゃらっ ちゃらっ ちゃら」の例のサウンドが鳴ると皆画面を凝視。

自分の顔が登場すると笑う子も。

入院等で長期欠席が続いている子が画面で登場すると、気づいたような様子を見せる子もいました。

この教材、もっといろいろいじってカスタマイズするとけっこう面白そう。

我がグループは医療的ケアが必要な生徒が多いため、看護士さんが一名、授業に参加することが多く、看護士さんの授業への参加の仕方も模索しているところ。

今日は3名ほどの看護士さんもこの教材をみて喜んでくれました。

さいごに2月に使った節分鬼退治パワポで季節はずれの鬼退治をしました。

単純な自作教材ですが、単純なほうが我がグループではスイッチとの因果関係がわかりやすいようです。

鬼がやられて消滅するところはパワポに付属している爆発音を挿入。ラジカセで音を拡大するとパソコンのサウンドとは思えないほど重低音の響く迫力のある音になりました。
Posted by Picasa

運動会 中学部学部種目の担当者に

運動会が5月15日に開催されるが、中学部の学部種目が大幅に変更されることに。

学部種目は得点にに関係なく、電動車いすや手動の車椅子等での移動、介助歩行、自力歩行等が難しい生徒が出場する種目。

昨年までの学部種目は全員ボウリングを転がしピンを倒すだけという味気ないもの。

今年度は見ごたえがあり、生徒も自分で「やった。楽しめた。」という種目にしていきたいと思い、私が担当者のひとりとして立候補しました。

残された時間が少ないが全力を尽くしたいです。

とりあえず、イメージと全体像をはっきりさせるため、職場のTAIMSのfreemindで思考を広げてみました。
Posted by Picasa

2010年4月15日木曜日

ルパン風タイトルコールでメンバー紹介

明日のグループの授業でパワポ&プロジェクターで「みる・きく」の授業。

グループのメンバーをひとりひとり「ルパン風タイトルコール」で紹介することにしました。

ぽっしゅん教材で詳しい作り方が紹介されていたので、作るのがずいぶん楽になりました。

写真と動画ではDropsのイラストにしていますが、実際は本人の顔写真を挿入します。

今年も重度のグループなので、布団やうつ伏せマットから寝た姿勢で見る子が多く、白文字がカシャカシ動くスピードに動体視力が追いつくかどうか・・・

スピードはゆっくりめにしてみました。

授業を重ねながら、スピード等修正する必要が出てくるとは思いますが明日はとりあえず、これでいってみます。

PCには当然joy to keyを連結させてスイッチ操作を生徒にしてもらうつもりです。

一回のシーンが十秒ほどなので、何回もやらせてみるのもよいかも・・・

Posted by Picasa

2010年4月14日水曜日

iPhoneアプリ Mindjet for iPhone とimindmap for iPhone

iPhoneアプリでマインドマップ関連のものは Mindjet for iPhone とimindmap for iPhone の2種類を使用しています。

最初に知ったのはimindmap for iPhone のほうで、無料ということもあり大々的に宣伝されていました。

Mindjet for iPhone がmindmanagarの無料研修のときに講師の方から教わりました。

PCソフトはmindmanagar8を使用しており、Mindjet for iPhone だとPCにデータを転送でき重宝します。

しかしiPhoneのアプリとしてはimindmap for iPhone のほうが視覚的な美しさと指でブランチを伸ばす面白さがあります。

PCソフトのimindmapは持っていないので、PCへのデータ転送はできません。

今は気分で、どちらかを使っている感じです。

しかし、職場でTAIMSパソコンが導入され、mindmapソフトが使えなくなったのは大きな痛手です・・・。

Posted by Picasa

2010年4月13日火曜日

iPhone アプリJot Notで絵本をスキャン

絵本をパワポに取り込んで、大画面で見るのは特別支援教育の定番といえます。

iPhoneに”Jot Not”というスキャン機能の有料アプリ(600円)があり、絵本をスキャン。

手軽に出来ます。

当然、大事な資料もスキャンしてiPhoneに取り込んでいます。
Posted by Picasa

2010年4月12日月曜日

地域の子供会でのプレゼンでmindmanager8にDrops挿入


日曜、午前に地域の子供会で子供会の意義、今後の見通しについての話を頼まれたので、引き受けました。

対象は地域の小学生1年生から6年生、中には幼稚園の子も。

職業柄、通常学級の小学生に話をすることがなく、しかも対象が幅広いため、mindmapと視覚支援Dropsを導入。

本当はノートパソコンをテレビ画面に映して拡大したっかのだが、接続コードがなく仕方ないので、ノートパソコン本体でプレゼン。

こどもの数は十数名だったので、近寄ってもらうと大丈夫でした。

みんなかぶりつきで話しに集中してました。

Dropsは通常学級でも効果抜群だと思うし、通常の子にも当然視覚支援したほうが話は入りやすいでしょうね。

話では自分の子どものころのエピソードも披露。
Posted by Picasa

2010年4月10日土曜日

iPhone Drum Meister (Alvin Robinson - Down Home Girlに合わせて演奏)



iPhoneに Drum Meister Lite という無料アプリがあるので、ダウンロード。

スネア、ハイハット、シンバル、バスドラ、タムタムなどそれぞれの音が鳴ります。

指でタッチするので本物のような叩きは難しいですが、なんとか8ビート (Alvin Robinson - Down Home Girl )に合わせて演奏してみました。

難点は同時に鳴る太鼓は2つまでで3つ同時に押すとひとつ鳴りません。

したがって ハイハットとスネアとバスドラが重なるとスネアが鳴らないという悲しいことになってしまいます。

これで新しいクラスの子にコミュニケーションしようとしましたが無視され失敗。


Posted by Picasa


学年会レジュメにdrops挿入

今年度から中3の学年主任になってしまったので、毎回、学年会にレジュメを作らなければならない。

一応、職場のTAIMSでもfreemindがかろうじて使えるので、mindmapで出したほうが楽なんですが、学年会レジュメの形式が決まってしまっているので、めんどくさいwordで資料作成。

なんかここ最近、せちがらい職場環境なので、温かみのないレジュメにdropsシンボルを挿入。

dropsってシンボルにもかかわらず、ほほえましいイラストなのでよいですね。

今の職場のほとんどの人はdropsやぽっしゅん教材等、信州カンファ人脈の先進性を知りません。

知ってるのはとなりのウルトラおじさんみっちー先生ぐらい。

こうやって、じわじわと広めていきたい。

TAIMSが導入されて、机上でネットがみられるよになったので、これみよがしにぽっしゅんんのサイトを開いていたら、興味をもってくれる教員もちらほら。
Posted by Picasa
このガジェットでエラーが発生しました